まゆたまガジェット開発逆引き辞典

電子工作やプログラミングのHowtoを逆引き形式で掲載しています。作りたいモノを決めて学んでいくスタイル。プログラマではないので、コードの汚さはお許しを

中〜大規模のUst放送 〜どこに2カメ置こう・・・〜

大きめのトークイベントで最も悩むのはカメラの位置。
特にパネラーさんの上にプロジェクタでスライドを映すイベントでは、2カメをどこに置くのかという問題が発生します。
私の場合、1カメは観客席のいちばん後ろからスライドのみを撮影して、スタンドをつけた2カメでパネラーさんの表情をとらえる2画面表示をやっています。
が、これは高いところに2カメ(USBカメラ)を置けるかどうかで大きく違っています。

1.お客さん全員が座っていて、機材を置くテーブルの高さがお客さんの頭より高い場合
→2カメはテーブルの上に
2.立ち見のお客さんがいて、機材を置くテーブルがないorテーブルもしくはカメラスタンドの高さがお客さんの頭より低い場合
→どこか高い位置に2カメを置けないか探してみる。長いUSBケーブルが必要

というように。
つまり、高いところにカメラを置かないとお客さんの頭が映ってしまうということです。

あるイベントでは家具や建物の梁など高いところにモノが置けなくて、泣く泣く1カメのみで中継したこともあったため、ビデオ三脚のように高さを変えられて持ち運びがしやすいUSBカメラスタンドを作ろうと思い立ちました。
客席とステージの配置はイベント主催者さんによく確認しておきましょう。
それでカメラ位置がある程度決まってきます。